本文へスキップ

イ・ボローニャは、○○○○○○町の○○○○○○○○○○のお店です。

シェフ紹介access

小林 清一

1966年
愛知県に生まれる。
1986年
調理師専門学校で1年間学ぶ。
1986年
静岡のイタリアンレストラン「ルチア」で9年間修行する。
1995年
イタリアに留学し、外国人のための料理学校「I.C.I.F」でイタリア料理を学ぶ。
卒業後、トリノのミシュラン一つ星レストラン「Balbo」で2年間修業する。
1997年
イタリア・アスティの名店「Trattroia i Bologna」で15年間の修行、うち10年はシェフを務める。
2013年
帰国後、和歌山市内「イ・ボローニャ」にてシェフを務める。


イタリアの料理学校で学んだ後、最初はごく軽い気持ちで「イタリアの地方料理でもちょっとみておこうかな」と。しかし、食べた瞬間に
「これはなんだろう?!こんなにおいしいとはどういうことだろう??」と心が震える衝撃を受けました。
見た目はなんの変哲もない。でも、口に入れると”ガンッ”と美味さがくる。
特別な何かが絶対にあるはずだ。それをなんとしても見つけ出そう。
それが私とピエモンテの伝統料理との出会い。 今や現地でも希少な、伝統に忠実に手間を惜しまないことで生まれる
武骨な郷土料理にこそ、深い感動を覚えました。 一見シンプルでも素材を最大限に引き出した「心に響く料理」を皆様にお楽しみいただきたく、
和歌山より本場のピエモンテ伝統料理をお届けします。

ナビゲーション